TBGタイムキーパースクール卒業後のみなさんはタイムキーパーとなり順調に仕事に就くことができました。 それは大変幸運なことではありましたが、もちろんこれらのみなさんはスクールの授業内容もしっかり理解できており、本人の努力もあってTKに転職できたのです。 チャンスをつかむのも、あなた次第です!



池田美香さん

大学卒業後、金融会社に就職。
2013年10月からスクールに通い、
2014年10月TBGに就職しタイムキーパーに転職。

フジテレビ「いいものプレミアム」等 担当




やりがいを感じられない金融機関の仕事…退職を決意!

大学を卒業後、地元の熊本で金融機関に就職したのですが、数年が過ぎた頃から仕事にやりがいを感じられなくなり、ストレスを抱えながら働き続けていました。

次第に、このような気持ちのまま無理して仕事を続けることに何の意味があるのだろうと考えるようになり、退職を決意しました。


やりたい仕事に就こうと決意。タイムキーパーの仕事と出会いました。

退職後、次は自分がやりたい仕事に就きたいと思い、以前から興味のあったテレビ業界の職業をインターネットで調べている中で、タイムキーパーの事を知りました。
そして、どうしたらタイムキーパーになれるのかを調べていたところ、このTBGタイムキーパースクールを見つけました。

ホームページでタイムキーパーについての情報を見たり、現役タイムキーパーの方々のブログを見たりしているうちに、タイムキーパーを目指したいという気持ちが大きくなっていきましたが、テレビ業界は未知の世界だったのでしばらく悩む日々が続きました。

しかし、考えているだけでは何も始まらないと思い、まず説明会に参加することにしました。

説明会ではタイムキーパーの仕事がどのようなものなのか詳しく教えて頂き、やりがいを感じる時や大変な面についてもお話し頂きました。

説明会が終わる頃には、タイムキーパーとしてテレビ番組に携わりたいという気持ちが強くなり、上京してスクールに入学することを決意していました。

充実した授業内容

上京後、アルバイトをかけもちしながらスクールに通い始めたのですが、週に1回のカリキュラムだったので、日常生活に支障はありませんでした。

スクールで教えて頂くこと全てが初めて知ることばかりで、毎回緊張感を持って授業に臨んでいたことを覚えています。

先生方はきちんと理解出来るまで丁寧に指導して下さいますし、現場でのエピソードもたくさん話して頂けるので、とても充実した授業内容でした。

カリキュラムの最後の現場研修では、生放送番組の現場を見せて頂きました。
実際の現場の緊張感や、タイムキーパーが番組の進行に大きな役割を果たしていることを実感し、私も先輩のようなタイムキーパーになれるよう頑張っていきたいと思いました。

実際に現場を見て・・・

スクールを卒業後、見習いとして先輩が担当されている様々な番組につかせて頂き、スクールで学んだタイムキーパーの一連の仕事を、実際の現場でどのように進めていくのか丁寧にご指導頂きました。

番組によっては、終電で現場に入って始発で帰宅することもあり、それまで経験したことのない生活リズムになることもありましたが、不規則な仕事であることは説明会の時点で聞いていたので、特に驚くということはなく、改めて体調管理の重要性を感じました。


生放送のニュース番組で初めてTK卓に座る!

見習いとなって2ヶ月が過ぎた頃、初めてTK卓に座らせて頂いたのが、15分間の生放送のニュース番組でした。

2ヶ月の間、先輩がTK卓に座られている横で、自分もTK卓に座っているつもりで秒読みをしたり、VTRやCMをスタートさせる動きを練習していたのですが、実際に座ってみると、思っていた以上に緊張して手が震えてしまい、深呼吸をして何とか気持ちを落ち着かせようと必死だったことを覚えています。

本番中、交通情報を伝える項目で、次の項目までの秒読みをしながら、ボタンを押して数枚ある交通情報の画面を切り替えなければいけないのですが、私がその画面を切り替えるタイミングを間違ってしまい、キャスターの方がお詫びのコメントをいう事態になってしまいました。

生放送はやり直しがきかないのでミスをしてしまうと、放送に直接影響してしまうこと、さらにミスをしてしまったとしても放送はまだ続いているので、動揺している暇はないことを痛感しました。

最初のころは秒読みやVTRスタートのタイミングがうまくいかないこともありましたが、 先輩にアドバイスを頂きながら実践を重ねていくうちに、少しずつスムーズにこなせるようになってきました。


独り立ちをして…

2014年10月にタイムキーパーとして独り立ちさせて頂き、約半年が過ぎましたが、技術面・精神面共に自分の未熟さを感じる日々です。

しかし同時に、タイムキーパーとして番組作りにおいて責任ある役割を担っていることにやり甲斐を感じています。

これから多くの経験を積んでいく中で、どんな状況になっても落ち着いて臨機応変に対応でき、周りのスタッフの方々に信頼されるタイムキーパーになれるよう努力していきたいと思います。



TOP

 
TBGタイムキーパースクール